派遣のめんどくさい人間関係への対処法


スポンサーリンク

f:id:tantanto04:20200616223701j:plain

派遣で働いていて、人間関係に悩んでいる人はきっと多いでしょうね。

元々は正社員で働いていたけど、人間関係がうまくいかなくて退職して、その後もめんどくさい人間関係を避けて派遣で働き続けているという人は、結構いると思います。

とはいえ派遣の人間関係もめんどくさいです。上司がいて先輩がいて、同僚がいる以上、それなりの煩わしさはあります。


  • せっかく人間関係が楽だと思って派遣で働き始めたのに、、、
  • 無駄に人間関係で悩むのはイヤ
  • ただ生活費を稼ぎたいだけなので、煩わし思いはしたくない
  • 極力しゃべりたくない
  • つなぎの仕事なのでめんどくさいのは勘弁してほしい

 

どれか一つでも当てはまるでしょうか。


ちなみに僕も現在派遣で働いています。派遣歴は4年ほどです。

その間にいくつか職場を変えましたし、人間関係にも悩みました。どうすればめんどくさい人間関係を避けられるのか、ストレスをため込まずに済むのか。

『嫌われる勇気』でおなじみのアルフレッド・アドラーはこう言っています。

 

「人間関係の悩みはすべて対人関係の悩みである」

 

それくらい根が深い問題なのです。
 

今回は僕が実際に働きながら感じたことをもとに、自分なりに実践している方法を紹介します。少しでも参考になれば、幸いです。

では詳しく見ていきましょう。

 

相手に関心を持たない

上司や先輩、同僚に関心を持つと、相手のことをいろいろと気にしてしまいます。情も湧いてしまいます。すると、状況によっては気を遣ってしまう場面が出てきます。

気を遣ったり遣われたりする関係は、気疲ればかり生じてなんにもいいことはありません。

中途半端に相手に関心を持って、無駄に気疲れするのはやめた方がいいでしょう。

心を開かない

所詮、派遣先だけでの関係ですから、むやみやたらに自分のことをしゃべったりして、相手に心を開かないほうが得策です。

過去にどんな仕事をしていたか、どんな趣味を持っているのか、休みの日には何をしているのかなど、プライベートに関する情報を口にしないようにしましょう。

それを聞いた上司や同僚は、下種の勘繰りのように根掘り葉掘り聞いてきます。

友人や好きな人にあれこれ話すのは自分を知ってもらうためにもいいでしょうが、会社の人やどうでもいい人にまでペラペラ話してもいいことはありません。やめましょう。

顔を見ない

顔を見ないというのは極端ではありますが、繊細な人やメンタルを病んでいる人にとっては、ストレスをためないための方法として一定の効果はあるかと思います。

顔にはその人の感情がもろに出ます。本人は意識していなくても、知らず知らずのうちにイラつきや不満、とまどいの感情が表れます。

負の感情が出た相手の顔を見たら、人はどうしたって気にしてしまうものです。いくら言葉遣いが普通で、声のトーンがいつもと変わらなくても、イラっとした表情や不満そうな顔を見てしまったら、気持ちが落ち込むのは避けられません。

人は他人の外見から得られる情報に強く左右される傾向があるからです。これは感覚的にも理解できるかと思います。

なので、ひどくメンタルを病んでいたり、気持ちが落ち込みやすく傷つきやすい性格の人は、顔を見ないという方法をとってみてください。

「そんなの失礼だ」という人もいるかもしれませんが、ハッキリ言って今のご時世そんな人ざらにいますし、そもそも派遣にわざわざそんな注意をしてくる人はそういません。気にしなくていいでしょう。

必要以上に言葉を交わさない/感情も表に出さない

会話は最低限で済ませ、必要以上に言葉を交わさないようにしましょう。

  • 返事は「はい」「わかりました」の一言で済ます
  • 無駄に自分の感情を入れてしゃべらない
  • 報告なども淡白に済ませる

 

あまり口数が多かったり、感情を表に出したりしてしまうと、周りに対して「この人はけっこう話しかけても大丈夫そうだ」「もしかして話好きなのかな」と思わせてしまうおそれがあります。

そうなるとめんどくさい人間関係が生まれてしまいます。

極力口数を少なくし、黙々と仕事をこなしましょう。話下手を装うのです。

話すの苦手なんだと思わせれば、向こうから話しかけてこなくなります。


実際に僕も職場ではほとんどしゃべりません。必要最小限です。すると周りは話しかけてこなくなりました。気楽なものです。

仕事さえしっかりしていればそんなことで派遣に文句を言う人はいないので、なんの心配もいりませんよ。派遣ではおそろしく口数の少ない人も珍しくないですしね。

おわりに

今回紹介した方法は、一見行き過ぎのように思えるかもしれません。わがままに感じられるかもしれません。

ですが、メンタルを病んでしまったら元も子もないのです。会社や周りのことを慮って、自分を犠牲にする必要なんてありません。

少しくらいわがままで無愛想でも大丈夫です。仕事さえそれなりにやっていれば、大抵文句は言われないはずです。

今はどこも人手が足りてない状況です。しょっちゅう派遣が辞めて、いつまで経っても安定して仕事が回らない職場は多いです。僕の所もそうです。


きつく注意して派遣に辞められたら、困るのは向こうなのです。

というわけで今回は以上です。

お読みいただきありがとうございました。

嫌われる勇気

嫌われる勇気